第1078回  日本の古層(24) 元伊勢と鬼伝説の大江山(3)

(前回の続き。)

 

 政治に陰陽五行道を取り入れた天武天皇の時代の頃に定められたであろう近畿の五芒星のことを前回の記事で書いたが、その五芒星のど真中、平城京の傍に日葉酢媛の御陵を含む佐紀盾列古墳群(さきたてなみこふんぐん)がある。

 紀元4世紀の後半から5世紀初頭の大和政権と関わりの深いこの古墳群を中心点として、伊勢神宮、丹後の皇大神社、淡路の伊奘諾神宮などの位置が定められ、近畿圏を取り囲むように呪符としての五芒星が作られた。

 しかし、この五芒星の中心点の佐紀盾列古墳群は、天武天皇の時代よりも200年ほど古いわけで、天武天皇の時代に、それ以前の古代の聖域が、再び重んじられたということになる。

 ならば、この佐紀盾列古墳群の位置はいったいどのように定められたのか?

 その時代の古墳の造営に携わっていたのは土師氏であり、その代表的人物の野見宿禰の”野見”は、”野”と”見る”という言葉の組み合わせで、古墳を作るにあたって、様々な条件を吟味した上での適当な地の選定という意味があるのだと、前回の記事で書いた。

 なので、佐紀盾列古墳群の位置もまた、考えに考え抜かれたものということになる。

 そこに隠された考えは、この地図から少し読み取れるような気がする。

f:id:kazetabi:20200111145603p:plain

 近畿のど真ん中、十文字が交わるところが日葉酢媛の御陵。そのラインの北が若狭媛、若狭彦神社、南が、熊野本宮大社を通って本州最南端の潮岬。  西北の斜め45度のラインの方角が、タニハの鬼退治の舞台で、久美浜の須田、日葉酢媛の母の土地。その逆の方向が、奈良の宇陀。水銀で有名な所だが、神武天皇八咫烏の導きによって、到達した場所。  日葉酢媛の御陵から西にのびるラインの西端の赤いマークが、鬼ケ嶽、その東に一丁ぐろ古墳、備前車塚古墳。青いマークは、西から鬼ノ城、造山古墳、吉備津神社。ライン上の神戸のところが西求女塚古墳。  日葉酢媛の御陵から西に斜め45度のラインは、藤井寺応神天皇綾、和歌山の日前宮。 このラインの逆方向にあるのは、岐阜の方県津神社、安曇野の八王神社。  日葉酢媛の御陵から真東が、三重県津市の安濃津、そして伊豆下田の伊古奈比咩命神社。藤井寺応神天皇綾の真西が仁徳天皇陵、真東が黒塚古墳。


 奈良の佐紀盾列古墳群から同緯度の真西に行ったところは吉備の国だが、この地図のポイントの一番西の端が鬼ヶ嶽で、その東が一丁ぐろ古墳、さらに備前車塚古墳があり、神戸の西求女塚古墳がある。この三つの古墳は全て前方後方墳で、北緯34.70で佐紀盾列古墳群と同じ緯度の上に並んでいる。

 一丁ぐろ古墳は吉備で2番目に大きな古い前方後方墳、そして備前車塚古墳と西求女塚古墳は、3世紀に建造されたと考えられるが、かつては卑弥呼の鏡と騒がれたこともある三角縁神獣鏡が大量に出土している。備前車塚は11面、西求女塚は7面。この二つの古墳よりも大量の三角縁神獣鏡が出土しているのは、ヤマトの地の黒塚古墳(33面)と椿井大塚山古墳(36面以上?)という、ともに3世紀の古墳出現期の建造の前方後円墳古墳で、それ以外の大量出土は、奈良の新山古墳の9面、福岡の石塚山古墳の7面と一貴山銚子塚古墳の8面くらいである。

 これらの古墳の中で、前方後方墳は、なぜか佐紀盾列古墳群と同緯度のライン上に位置する備前車塚古墳と西求女塚古墳だけである。

 前方後円墳は、大和政権の勢力下にある地域でのみ見られるが、前方後方墳は、前方後円墳に比べて圧倒的に数が少ない。東日本には多く存在するが、西日本では出雲から美作、播磨にかけての地域に多く存在する

 備前車塚古墳と西求女塚古墳のように、前方後方墳でありながら、椿井大塚山古墳や黒塚古墳など初期古墳の造営に関わった権力者の影響があるとみなされる三角縁神獣鏡が数多く出土している理由を、どう考えればいいのだろうか? 

 しかも、その二つの古墳が、第11代垂仁天皇から第13代成務天皇までの初期大和政権と関わりの深い奈良の佐紀盾列古墳群と、同緯度のライン上に位置しているのである。

 さらに興味深いことは、備前車塚古墳と一丁ぐろ古墳の間には、鬼ノ城がある。この地域は、吉備の鬼退治伝説の舞台となったところなのだ。

 伝承によると、温羅と呼ばれる鬼が、飛来して吉備に至り、製鉄技術を吉備地域へもたらして鬼ノ城を拠点として一帯を支配した。温羅は地元に経済的な恵みをもたらしたものの、先住民と何かしらの揉め事を起こし、吉備の人々は都へ出向いて窮状を訴えたため、これを救うべく崇神天皇(第10代)は孝霊天皇(第7代)の子で四道将軍の1人の吉備津彦命を派遣した。

 この鬼ノ城の東10km、備前車塚古墳から西に12kmほどのところに吉備津神社が鎮座するが、そこが鬼退治の前線基地だったとされる。

 その鬼退治の後であろう5世紀前半、吉備津神社の西5kmのところに、全国では第4位の規模の巨大古墳(全長350m)、造山古墳が築かれる。

 さらにその50年ほど後の5世紀中旬、造山古墳の西3.5kmほどのところに全国10位の規模の作山古墳(全長282m)が築かれるので、この時期、ヤマト王権の支配が、完全に吉備に及んだと考えられる。

 日葉酢媛の御陵がある奈良の佐紀盾列古墳群の位置は、日葉酢媛の母の拠点、タニハ(丹波・丹後・但馬)に崇神天皇が派遣した丹波道主や、その父、日子座王の鬼退治と関わりが深いように思われるが、西方向の吉備においても、同じ崇神天皇が派遣した吉備津彦による鬼退治と関わりがあるような気がする。

 そして、鬼というのは、備前車塚古墳など前方後方墳と関わりのある人たちの可能性がある。

 また、佐紀盾列古墳群から北東の方角、現在の岐阜市方県津神社(かたがたつじんじゃ)があるが、ここの祭神は、なんと川上摩須郎女命なのである。日葉酢媛の母親を祀る聖域が、出身地の久美浜の須田から見て、ちょうど90度東側にも設けられているのだ。

 しかも、奈良の日葉酢媛の御陵と、この方県津神社を結ぶラインを延長すると、信濃安曇野の大王神社に至る。ここは、八面大王を祀るところだが、八面大王は、安曇野に伝わる鬼のことである。かつて安曇野を治めていたが、奈良時代後半から平安時代にかけて全国を支配下に置こうとする朝廷に征伐されて殺されたが、蘇りを恐れて身体をバラバラにされたという話が伝わる。八幡大王は、その後、安曇野の守り神になったとされる。(奈良時代よりも古い時代に、その物語の下地が古代にあったかもしれない)。

 そして、奈良の日葉酢媛の御陵から、安曇野とは逆方向にラインを伸ばしたところには、和歌山の紀ノ川下流日前神宮國懸神宮が鎮座している。

 この場所は、初代神武天皇の東征で、神武天皇がヤマトの地に入ろうとした時、激しい抵抗を見せた名草戸畔(なぐさとべ )の拠点である。名草戸畔もまた、殺された後、頭、胴、足が切り離された。

 日前神宮國懸神宮でもともと祀られていたのは五十猛神であり、この神は、樹木の神であるとともに、造船、航海安全、大漁の神である。つまり、海と深く関係している。

 現在、日前神宮國懸神宮は、かつて五十猛神が祀られていたであろう中心部(南向きの鳥居の正面)は閉ざされ、その両サイドに、日前神宮國懸神宮の二つの社殿がある。1つの境内に2つの神社があるという形をとっている奇妙な神社である。

 

f:id:kazetabi:20191111010849p:plain

日前宮の南向きの鳥居をくぐって歩いていくと、この部分にくるが、この先は閉ざされている。そして、この場所の右と左に別れて、日前宮と国懸神宮が鎮座して鏡を祭神としている。五十猛神は、この閉ざされた場所の先に祀られていたと考えられる。

 しかも、その2つの神社が、ともに鏡を御神体としており、この二つの鏡は、伊勢神宮内宮の神宝である八咫の鏡と同等のものとされ、そのため、日前と国懸の神は、準皇祖神の扱いをうけていた。

 もう少し詳しく説明すると、天岩戸の伝説のなかで、アマテラス大神を岩戸の外に導き出すために鏡が作られたが、最初に作った鏡は出来がよくなかったので用いられず、それが和歌山の日前神宮、国懸神宮に納められ、うまく出来た鏡が、伊勢神宮に納められたという物語になっている。

 つまり、日前神宮、国懸神宮は、伊勢神宮と同じバックグラウンドを持つが、権威になり損ねた存在ということになる。

 さらに五十猛神が、この場所から追い出されたのは、社伝によれば、第11代垂仁天皇年のことで、その後、現在は厳かな鎮守の森にすぎない「亥の杜」に遷座し続け、713年、亥の森の近く、現在の立派な伊太祁曽神社遷座し、名神大社となった。

f:id:kazetabi:20200111142712j:plain

第11代垂仁天皇の頃、日前宮から移され、奈良時代元明天皇の頃まで五十猛神が鎮座していた亥の森。

 

 713年というのは、これもまた平城京への遷都と『古事記』を完成させた元明天皇の治世である。

 海と関わりの深い五十猛神は、長いあいだ地元の人の間で地道に祀られていたのだが、五芒星の中心に都を移した元明天皇の時から国家レベルで尊重されるようになるのだ。

 もう少し地図を追ってゆくと、日葉酢媛の御陵から真西に進むと、三重県の県庁所在地の津市だが、ここは、古代、安濃津と称し、中央政権にとっても重要な港で、博多津、坊津(鹿児島県)とならんで日本三津(さんしん)に数えられていた。

 さらに、東に行くと、伊豆半島の下田に伊古奈比咩命神社がある。ここは、三嶋神の旧鎮座地(古宮)であるという伝承がある。

 現在、静岡県三島にある三嶋大社は、『延喜式神名帳に記されている場所の伊豆国賀茂郡とは違っている。伊豆国賀茂郡は、伊豆半島南部・伊豆諸島のことであり、伊古奈比咩命神社こそが本来の三嶋大社であるという説がある。

 日葉酢媛の母親、川上摩須郎女命の出身地の久美浜須田に、鉱山関係と思われる金谷という土地があり、そこにも三嶋田神社があり、川上摩須郎が崇敬していた。

 三嶋というのは、神武天皇がやってくる前にヤマトの地にいた豪族の名でもあった。

 神武天皇は、日向の地から東征に同行させた息子ではなく、ヤマトに入った後に結ばれた媛蹈鞴五十鈴媛(ヒメタタライスズヒメ)との間に生まれた子を世継ぎとしたが、

ヒメタタライスズヒメは、出雲系とされる事代主と、摂津の豪族、三島ミゾクヒの娘のあいだに生まれた子である。

 三島ミゾクヒは、ミのつく耳神とも言われ、彦座王に征伐されたクガミミノミカサなどと同じく南方系の金属器と関わりの深い海人である可能性が高い。すなわち、弥生時代を拓いた海人、古代安曇氏かもしれない。

 また、奈良の日葉酢媛の御陵の真北の7kmほどのところは、京都府精華町で木津川のほとりであるが、ここは、崇神天皇四道将軍のもう一人である大彦命が、武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)の反乱を鎮圧し、討ち取った場所である。

 武埴安彦命の妻の吾田媛(あたひめ)の吾田というのは、鹿児島の大隅半島を拠点にする海人で、阿多隼人として知られる。

 最後に、日葉酢媛の御陵から東南に伸びるライン上にあるのが宇陀。ここは、古代から水銀の産地として有名だが、熊野に上陸した神武天皇が、ヤタガラスに導かれて到着した所である。

 古事記によれば、この地には、エウカシ・オトウカシという豪族がいた。神武天皇は両者のところに八咫烏を派遣して服従するように伝えたところ、オトウカシは、この命令にすぐに従って側近となったが、エウカシは最後まで抵抗し、最後は殺される。彼の遺体は引きずり出され、切り刻まれてしまう。ちなみに、神武と導いた八咫烏は、三島ミゾクヒだとされ、下鴨神社の祭神、賀茂建角身命と同じだと考えられている。

 こうして見て行くと、日葉酢媛の陵の位置は、崇神天皇の鬼退治の場所、反乱を鎮圧した場所や、海人の拠点と重なる。

 初代神武天皇は、戦いの後、ヤマトの地にいた人々と婚姻関係を結び、和合した。

 神武天皇の世継ぎは、双方の血を受け継いでいるのである。

 これは、大国主命の国譲りの時も同じで、タカムスビの神は、「もしお前が国津神を妻とするなら、まだお前は心を許していないのだろう。私の娘の三穂津姫を妻とし、八十万神を率いて永遠に皇孫のためにお護りせよ」と告げる。

 第10代崇神天皇の時の丹波道主命も、久美浜の豪族、川上摩須郎の娘を娶り、二人のあいだに生まれた日葉酢媛が、ヤマト王権の世継ぎとなっていくのである。

 戦いの後の和合の象徴として、日葉酢媛の御陵の位置が定められた。そのように想像してしまうほど、日葉酢媛の御陵と、鬼退治の舞台など先住民の拠点と、ラインで強く結ばれている。

 日本の歴史は、戦いの後、勝者は敗者を絶滅させたり、彼らの聖域を破壊するということを行わずに、たとえば婚姻という形で和合を行ってきた。だから、現在でも、時代ごとに異なる古墳が、16万とも20万とも言われる規模で残っている。

 大国主や初代神武天皇や第10代崇神天皇が実在したかどうかはわからない。しかし、彼らの物語の中には、日本の歴史の根幹の部分が象徴的に示されている。

 ちなみに初代神武天皇と第10代崇神天皇は、記紀による両者の敬称は、「はつくにしらすすめらみこと」、すなわち初めて国を治めた天皇ということで同じである。

  そして、5世紀、第15代応神天皇が即位する時、時代は大きく動く。中国の五胡十六国の混乱時代、治水感慨や織物など様々な技術を持った秦氏や、韓鍛治の忍海氏など新たな技術を持った渡来人が大挙してやってくる。

 応神天皇の母、神功皇后は、日葉酢媛の曽孫にあたる第14代仲哀天皇ヤマトタケルの息子)の皇子、忍熊皇子たちと戦って勝利する。

 大古墳の建造も、日葉酢媛の御陵のある佐紀盾列古墳群から河内に移る。

 しかしながら、その時もまた、興味深い和合の痕跡が象徴的に残されている。

 日本で2番目に大きな前方後円墳応神天皇綾は、日葉酢媛の御陵と、和歌山の日前・国懸神宮を結ぶライン上に位置しており、さらに、応神天皇綾は、応神天皇の息子の仁徳天皇綾(日本一巨大な古墳)と、それらよりも200年近く前に築かれ33面の三角縁神獣鏡が出土した黒塚古墳と、まったく同緯度の東西ライン上に位置しているのである。

 

ピンホールカメラで撮った日本の聖域→https://kazesaeki.wixsite.com/sacred-world

  

第1077回 日本の古層(23) 元伊勢の鬼伝説の大江山(2)

(前回の続き)

 日葉酢媛が亡くなった時、野見宿禰垂仁天皇への助言によって、殉死の代わりに埴輪を埋めることが始まったと記紀に書かれている。

 野見宿禰は、古墳の造営に携わっていた土師氏の祖とされ、”野見”という名は、”野”と”見る”という言葉の組み合わせだが、古墳を作るにあたって、様々な条件を吟味した上での適当な地の選定という意味があると考えられている。 

 その日葉酢媛の古墳とされているものは、奈良の平城京のすぐ北の丘陵地にある佐紀盾列古墳群(さきたてなみこふんぐん)の中にある。この古墳群には、4世紀末から5世紀前半にかけての巨大前方後円墳があり、日葉酢媛以外には、日葉酢媛の孫にあたる第13代成務天皇の古墳がある。また、その南2.5kmのところに垂仁天皇陵もある。初期大和政権と関わりが深いと考えられているこの巨大な古墳群は、丹波道主と河上摩須良の血を受け継ぐ日葉酢媛と関係がある皇族たちのものだ。

f:id:kazetabi:20191111010046p:plain

奈良の平城京のすぐ北にある日葉酢媛の御陵。

 しかもこの場所は、三重の伊勢神宮大江山皇大神社から同距離(約90km)である。それだけでなく、伊吹山熊野本宮大社、淡路の伊奘諾神宮とのあいだも同距離であり、この佐紀盾列古墳群を中心軸にして綺麗な五芒星が描ける。

f:id:kazetabi:20200110120403p:plain

富士山と島根の出雲大社を結ぶラインは同緯度の東西であり、そのライン上に、近江の伊吹山ヤマトタケルが荒ぶる神に屈したところ)、京丹後の皇大神社(鬼伝説の大江山の場所)が位置する。センターラインは、北から、若狭彦、若狭媛神社、京都、奈良、藤原京の傍の畝傍山熊野本宮大社、本州最南端の潮岬。淡路伊奘諾神宮と伊吹山の結ぶラインの延長上が、信濃穂高神社(安曇氏の祖神を祀る)。伊勢神宮と丹後の皇大神社を結ぶラインの延長上が、久美浜の須田。この地の安曇氏と思われる豪族、河上氏と丹波道主が同盟関係を結んで日葉酢媛(垂仁天皇の皇后で、ヤマトタケル倭姫命につながる)が生まれる。日葉酢媛の御陵は、この五芒星の中心点にある。

  この五芒星の意味するところは何か? まるで飛翔する白鳥のようにも見える図形だが、日本各地に残る白鳥伝説と何か関わりがあるのではないか?

 大江山皇大神社は、鉱物資源と鬼退治で知られた場所だが、伊吹山もまた、鉄資源の豊かな鉱山である。そして、東征の後に荒ぶる神の退治のために立ち寄ったヤマトタケルを退け、死に至らしめた場所である。ヤマトタケルは、伊吹山から離れた後、伊勢に向かうが、その途中で亡くなる。

 淡路島の伊奘諾神宮は、信濃の安曇氏の拠点、安曇氏の祖神を祀る穂高神社伊吹山を結ぶラインの延長上にあり、伊勢神宮は、上にも述べたが、丹波道主命の妻で日葉酢媛の母となる河上氏の拠点の久美浜の須田の地と、大江山皇大神社を結ぶラインの延長上で、さらに、伊勢神宮と淡路の伊奘諾神宮は、同緯度の東西ライン上にある。

 大江山皇大神社伊吹山も、同緯度の東西ライン上であり、このライン上には、富士山と島根の出雲大社があり、それぞれ、伊吹山皇大神社からの距離が同じである(約210km)。

 そして、熊野だが、長野県安曇野市熊野神社で、毎年8月に御船祭りが斎行される。さらに、久美浜湾に面した聖山、甲山の山頂に熊野神社があるが、これは、河上麻須良によって築かれた古社とされる。この神社の名、熊野が、久美浜の地名ともなっている。

f:id:kazetabi:20200110114445j:plain

久見浜湾。右側の山がかぶと山で、山の斜面に大の文字が描かれる。この山頂に日葉酢媛の祖父にあたる河上磨須良が創建した熊野神社がある。夏至の日、久見浜湾の傍にある神谷神社(日葉酢媛の父の丹波道主命を祀る)に立つと、このかぶと山の山頂から朝日が昇る。

 このように熊野という呼び名には、海人との関係がうかがえるが、紀伊半島の熊野もまた、豊富な船材と良港に恵まれ、古代から海を舞台に活躍する人々の拠点だった。平安末期の源平の戦いにおいて、源平両方と関わっていた熊野水軍の活躍も知られている。

 そして、熊野本宮大社は、明治時代まで社殿が築かれていたのは熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」だが、この場所は、本州最南端の潮岬と、若狭の若狭媛、若狭彦神社を結ぶライン上にある(東経135.78)

  若狭媛神社、若狭彦神社の祭神は、海神に助けられた山幸彦と、山幸彦と結ばれた海神の娘、豊玉媛である。

  こうして見ていくと、この五芒星は、大和朝廷とされる勢力が、戦ったり、後に同盟を結んだ相手と関わりが深いことがわかる。

 そして、国を束ねる拠点が、この五芒星のセンターライン上に置かれていた。初代神武天皇の御陵のある畝傍山(飛鳥と藤原京のそば)、奈良、京都である。 

 平城京は五芒星の中心点の佐紀盾列古墳群のすぐ傍、京都は、伊吹山と淡路の伊奘諾神宮、丹後の皇大神社と三重の伊勢神宮を結ぶラインの交点にあたる。つまり、五芒星の構想の後に、正確に位置決めが行われている。

畝傍山は、センターライン上ではあるが、五芒星との位置関係はない。おそらく、五芒星が構想される前の時代の聖域だからだろう。)

 さらに、伊勢神宮と富士山、淡路の伊奘諾神宮と出雲大社の距離もほぼ200kmで同じだが、それぞれの方角は、伊勢神宮から富士山が夏至の日の太陽が登る方向である。(夫婦岩の二つの岩のあいだに富士山が位置し、夏至の日、富士山から太陽が昇ることは知られている。)。その逆に、伊奘諾神宮と出雲大社の位置関係は、夏至の日に太陽が沈む方向なのである。

 さて、ここからが肝心なところだが、アマテラス大神を皇祖神で神々の最高神として位置づけたのは、壬申の乱で勝利した天武天皇で、それ以前は、タカミムスヒが皇祖神だったとする研究者は多い。

 壬申の乱の後、天武天皇は、大改革を行い、中央集権的な国づくりを進めた。

 天武天皇が編纂を進め、死後、持統天皇によって引き継がれた飛鳥浄御原令が689年に施行されたが、その法令の上で、『日本という国号』、『天皇という地位・称号』が公式に設定されることとなった。

 天武天皇がアマテラス大神を日本の最高神とし、伊勢神宮を最高位とした理由は、壬申の乱の時にこの神に助けられたからとか、農業に恵みを与えるからとか、いろいろな角度から説明されているが、この謎の五芒星にもその真理が隠されている。

 この五芒星は、太陽の運行状況とも関係しているのだが、この世の秩序を表すのに、太陽がもっとも相応しいと考えられるのである。

 この謎の五芒星が意図的なものであるとすると、それができたのは、おそらく天武天皇の時代から、五芒星の中心に位置する平城京への遷都を行った元明天皇の時代の7世紀後半から8世紀前半である。なぜなら、この五芒星の中に位置する伊勢神宮が、この場所に定まったのは天武天皇の時であり、それ以前は、同じ伊勢でも、現在の伊勢神宮から冬至の日に太陽が沈む方向に30km離れた瀧原宮だったからだ。つまり天武天皇が、五芒星の位置関係に合わせて伊勢神宮の位置を適切な場所に動かしたということになる。

 天武天皇というのは、陰陽道に通じた天皇だった。陰陽道というと平安時代に活躍した安倍晴明が有名だが、『日本書紀天武天皇の巻には、「天皇は天文や遁甲(とんこう)の術をよくされた」という文章が記されている。

 天武天皇が自ら式盤を以って占うほどの陰陽五行思想に造詣が深く、天文や「奇門遁甲(きもんとんこう)」という占術の達人であったと伝わる。

 そして、天武天皇は、史上初めての「占星台」を設置させている。 つまり、天文を観察し吉凶を占っていた。さらに、676年に「陰陽寮(おんみょうりょう)」という官僚組織を設け、陰陽五行思想を正式に政治に取り入れる。

 古墳時代の終わりから飛鳥時代に至る6世紀、中国大陸から「陰陽五行思想」が伝来していた。

 陰陽五行思想とは、宇宙のすべてを「陰」と「陽」の二元論で説く「陰陽思想」と、万物を「木」「火」「土」「金」「水」の5つ元素で説く「五行思想」の2つが合体した自然哲学である。

 そして、五芒星はあらゆる魔除けの呪符であり、近畿の五芒星は、かつての敵も味方も含めた呪符となっているのだ。

 元明天皇が遷都した平城京は、その呪符に守られるように中心点に位置付けられているのだ。

 しかし、ここからが謎めいてくる。なぜなら、平城京遷都の前に、この場所には佐紀盾列古墳があった。

 それは、陰陽五行道が日本に入ってくる前の時代である。ということは、もともと存在していた佐紀盾列古墳を軸にして、五芒星の位置関係が定められたということになる。

  丹後の久美浜の安曇氏や、丹波道主の息長水依媛の父にあたる鍛治の神、天之御蔭命(あめのみかげ)とつながる第11代垂仁天皇の皇后、日葉酢媛を祀るこの場所が、天武天皇にとっても、元明天皇にとっても大事な場所だったということになる。

 それは、一体なぜだろうか?   (続く)

 

ピンホールカメラで撮った日本の聖域→https://kazesaeki.wixsite.com/sacred-world

第1076回 日本の古層(22)  元伊勢と鬼伝説の大江山(1)

 京丹後の鬼伝説で知られる大江山の傍に鎮座する皇大神社は、元伊勢伝承地の一つである。

 元伊勢というのは、第10代崇神天皇の時、それまで宮中に祀られていたアマテラス大神を怖れた天皇の命で、この神の適切な鎮座地を求めて各地を転々としたことである。

 アマテラス大神は、皇祖神ということになっているが、崇神天皇がアマテラス大神を恐れたということは、この神が、自分の祖神でなかったということではないか。おそらく、アマテラス大神は、崇神天皇側との戦いに敗れた人たちの神様だった。古代の氏族間の戦いは、それぞれが祀る神と神の戦いでもあり、戦いに敗れた側は、自分たちが大切にしていた神器を勝利者に差し出した。そして勝利者は、敗者が祀ってきた神を祀るということが行われた。祟りを怖れたからである。

 崇神天皇の皇女である豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)とともにヤマトの地を出たアマテラス大神は、その後、第11代垂仁天皇の皇女である倭姫命(やまとひめのみこと)に引き継がれて各地を巡り、最終的に伊勢に落ち着くが、それまでの間に訪れた一時遷座地が、各地で元伊勢として語り継がれている。

 アマテラス大神に相応しい場所を探して各地を巡っているわけだから、もともとアマテラス大神を祀っていた人たちの拠点を転々とした可能性が高い。

 元伊勢伝承地は、丹後(丹波)、吉備、紀伊、近江、愛知、岐阜、三重に残されており、いずれも海や湖の近くや、内陸部では木津川や野洲川木曽川など河川流域で、海人が活躍していたところであり、とくに、伊勢湾、愛知、美濃、近江などは、壬申の乱天武天皇が戦いを有利に進めたところで、安曇氏の拠点である。

 *天武天皇の養育係であった丹後の凡海(おおあま)氏は、安曇氏である。  

 いずれにしろ、京丹後の鬼伝説で知られる大江山の傍の皇大神社も、そうした元伊勢伝承地の1つである。

 元伊勢伝承地は無数にあるが、この大江山皇大神社は、それ以外の伝承地に比べて、三重県伊勢神宮と共通するところが非常に多い。

f:id:kazetabi:20200109225412j:plain

皇大神社の傍を流れる五十鈴川に鎮座する天岩戸神社

 たとえば、伊勢神宮の内宮の北4kmのところに豊受大神を祀る外宮があるが、大江山皇大神社も、南3kmのところに豊受大神社がある。

 そして、皇大神社のすぐ傍を流れる川が、伊勢神宮の内宮と同じ五十鈴川である。

 外宮に該当する豊受大神社が平坦地に鎮座し、内宮に該当する皇大神社が、樹々が生い茂る森の中に鎮座する構造も同じである。

 また、皇大神社の両脇に鎮座する摂社が、左に栲機千々姫社、右が 天手力雄命社であるが、これらは三重の伊勢神宮の内宮の御正殿において天照大御神とともに祀られている神々であり、その左右の配置も同じである。

 大江山皇大神社の傍を流れる五十鈴川沿いに、天岩戸神社が鎮座しているが、そこに向かう途中に、美しいピラミッド型の神奈備日室ケ岳を望む遥拝所がある。

f:id:kazetabi:20200109224704j:plain

 日室ケ岳は、天照大神が神霊降臨された山として今でも神聖視されている。

 この遥拝所に立つと、夏至の日、日室ケ岳の山頂に太陽が沈む。日室ケ岳は、今でも禁足地であり、かつて登ったことのある人の話では、山頂には三角形をした「磐座」と、その周りに環状列石があるそうだ。

 日室ケ岳の山頂から真西に1.5kmのところ、大江山の森の中に鬼獄稲荷神社が鎮座する。また、皇大神社の南10kmほどのところにも鬼ヶ城がある。

 皇大神社周辺は、古代から鬼退治伝説として知られるところだ。

 大江山は鉄資源など鉱物の豊かなところで、鬼というのは鉱山関係者のことではないかと指摘する研究者は多い。大江山以外の場所、たとえば吉備の鬼退治の物語も含め、鬼伝説のあるところは、確かに鉱物資源と関係が深い土地が多い。

 そして、鬼伝説は、異なる時代に何度か生まれている。大江山がある京丹後の場合も、第10代崇神天皇の時代の日子座王聖徳太子の時代の麻呂子親王、そして藤原道長の時代の源頼光などが知られている。

 鉄という強力な武器を持つ豪族が、各時代において、中央政府の指示に従わずに激しい抵抗をしていたのだろうか。

 また、丹後の皇大神社の日室ケ岳の遥拝所と、日室ケ岳を結ぶラインの延長上に、久美浜町の須田という土地がある。(このラインを逆方向に伸ばしていくと、三重の伊勢神宮である。)

f:id:kazetabi:20200109231304p:plain

大江山の元伊勢、皇大神社の日室ケ岳遥拝所と、日室ケ岳を結ぶラインの延長上に久美浜の須田の豪族、河上摩須良を祀る衆良神社がある。この一帯は王家の谷と呼ばれ、無数の古墳がある。

 そして久美浜の須田には、王家の谷と呼ばれる伯耆谷があり、これに沿って弥生式後期の遺跡があり、伯耆谷一帯には、無数の古墳が存在する。

 そして、この須田に、河上摩須良という豪族がいて、その娘と日子座王の息子、丹波道主王が結ばれ、日葉酢媛を産んだと、古事記に記されている。

 日葉酢媛というのは、第11代垂仁天皇の皇后であり、第12代景行天皇の母親、ヤマトタケルの祖母である。さらに、天照大神に最適な地を求めて各地を巡幸した倭姫命の母親である。

 日葉酢媛は、第15代応神天皇が現れるまでの大和王朝にとって、重要な役割を果たす人物なのである。

 また、丹波道主命と河上摩須良の娘とのあいだに生まれた娘たちは、日葉酢媛以外も垂仁天皇の妃となった。

 久美浜の須田の地には、河上摩須良を祭神とする衆良神社と、そのすぐ近くに河上摩須良が崇敬したとされる三嶋田神社がある。三嶋田神社の祭神は、現在は、大山祇命であるが、かつては、上津綿津見命表筒男命、すなわち綿津見と住吉という海関係の神も祀られていた。

 この地は、金谷と称し、かつては鉱山の関係者、即ち金屋集団が住んでいたとも言われ、南北朝時代には足利尊氏の庇護も受け、隆盛を極めた時代もあった。

 河上摩須良という人物がなにものであるか記紀とも明らかにしていないが、古事記』において、「綿津見神の子、宇都志日金柝命の子孫なり」と記されている安曇氏の可能性が高い。

f:id:kazetabi:20200109225812j:plain

丹波道主命を祀る久美浜の神谷神社。丹波道主命が身につけていたという宝剣【国見の剣】を祀っているため【太刀宮】と呼ばれる。この地には巨大な盤座があり、太陽や星の位置との関わりが指摘されている。この岩の裂け目は真北を指し、夏至の日、かぶと山から昇る朝日が、この磐座の中心を照らす。古代太陽祭祀の跡と考えられている。

 谷川健一は、『青銅の神の足跡』の中で、「ミとかミミは先住の南方系の人々につけられた名であり、華中から華南にいた海人族で、大きな耳輪をつける風習をもち、日本に農耕文化や金属器を伝えた南方系の渡来人ではないか」と記述し、香住や久美浜など、日本海岸の地名にミがつく土地が多いことも、それと関係があると指摘している。

 『古事記』の中では、丹波道主命の父、日子座王が土蜘蛛の玖賀耳之御笠(クガミミノミカサ)を征伐するために丹後に派遣されたと記述されている。

 しかし、『日本書紀』の中では、丹波道主命が、四道将軍の一人として丹波に派遣されたと記述され、土蜘蛛退治などの派遣の理由は記載されていない。

 そして、その『日本書紀』の中で、丹波道主命の娘の日葉酢媛のことは記載されているが、妻の具体的な記載はない。それに対して、『古事記』の中で、丹波道主命の妻は、河上摩須良の娘と書かれている。

 いずれにしろ、日子座王もしくは丹波道主命が丹後・丹波の地に派遣されたのは第10代崇神天皇の時である。上にも述べたように、崇神天皇は、天照大神の祟りを怖れた。そして、この大神に相応しい場所を求めた巡幸があり、最終的に伊勢に至った。

 その伊勢と、丹後の元伊勢の皇大神社を結ぶラインの延長上に久美浜の須田の地があり、丹波道主命がその地の豪族の河上摩須良の娘を娶り、日葉酢媛が生まれ、第11代垂仁天皇の妃となるのは偶然だろうか。古代史において極めて重要なことが、このラインに隠されている。  (つづく)

 

ピンホールカメラで撮った日本の聖域→https://kazesaeki.wixsite.com/sacred-world

 

                                

第1075回 日本の古層(21)  古代日本の先進地域、京丹後(2)。

(1)の続き 

 古代、現在の丹後、但馬、丹波はタニハと呼ばれ、丹後国丹波国が分れたのは713年である。

 タニハにおける古墳の建造時期を見ると、古墳前期には現在の京丹後が中心であり、4世紀中旬から巨大化している。日本海で3番目に大きな蛭子山古墳(全長14⒌m)が4世紀中旬、最大の網野銚子山古墳(全長207m)と2番目に大きな神明山古墳(全長190m)が、4世紀末から5世紀初頭の建造であり、5世紀中頃以降は古墳建造の中心地が丹後地方から篠山や亀岡など丹波地方に移っている。

f:id:kazetabi:20191209224220j:plain

作山古墳。蛭子山古墳に隣接。同時代の4世紀中旬の建造。

 すなわち、タニハにおいては、4世紀中旬と5世紀中旬に変化が見られる。

 4世紀中旬にこの地に起こったこととして、古事記の中に第10代崇神天皇の時の話がある。

 そこには、日子坐王(ひこいますのみこ)=崇神天皇の弟が、旦波国に遣はされて、「玖賀耳之御笠(クガミミノミカサ)を殺さしめたまひき」とある。

 日子座王(ひこいますのみこ)は、紀元300年から320年生まれの人と推定され、もしそうだとすると、この鬼退治の後、京丹後の古墳が巨大化していくことになる。

 これについて、「丹後風土記残欠」では、もう少し詳しく、「青葉山中にすむ陸耳御笠(くがみみのみかさ)が、日子坐王の軍勢と由良川筋ではげしく戦い、最後、与謝の大山(現在の大江山)へ逃げこんだ」と記されている。

 大江山は、金属鉱脈が豊富で、周辺には金屋など金属にまつわる地名が多く見られる。

 玖賀耳之御笠(くがみみのみかさ)は、土蜘蛛とされているが、名前に御という尊称があり、現地にて崇敬されていた存在である可能性がある。さらに、谷川健一は、「神と青銅の間」の中で、「ミとかミミは先住の南方系の人々につけられた名であり、華中から華南にいた海人族で、大きな耳輪をつける風習をもち、日本に農耕文化や金属器を伝えた南方系の渡来人ではないか」と述べている。

 この鬼退治については、以前日本の古層(8)で書いた。

 https://kazetabi.hatenablog.com/entry/2019/04/24/212931

 日本海で2番目に大きな神明山古墳の麓に竹野神社があるが、祭神として日子坐王を祀っている。

 そして、タニハにおける第2の変化である5世紀中旬というのは、讃・珍・済・興・武という5世紀初頭から末葉まで中国南朝の宋に朝貢していた倭の五王の時代である。

 豊受大神を丹後から伊勢に遷した第21代雄略天皇は、倭の五王の武だとされているが、その頃から、タニハの中心は、丹後ではなくなり、篠山や亀岡に移る。

 さらに、丹後の鬼退治の伝承は、6世紀後半から7世紀初頭の聖徳太子の時代にもあった。

 河守荘三上ヶ嶽(大江山の古名)に英胡・軽足・土熊に率いられた悪鬼が、人々を苦しめたので、勅命をうけた麻呂子親王が、神仏の加護をうけ悪鬼を討ち、世は平穏にもどったというもの。

 麻呂子親王というのは第31代用明天皇(在位585−587)の第三皇子で、聖徳太子の異母弟にあたり、当麻皇子とも呼ばれる。

 最初の鬼退治の日子坐王との関係では、日子座生の皇子の一人が當麻の勾君(たぎまのまがりのぎみ)の祖とされているので、麻呂子親王の別名、當麻王との繋がりが確認できる。

 神明山古墳のすぐ近くに、高さ20メートルにも及ぶ日本でも最大級の一枚岩の柱状玄武岩がある。立岩と呼ばれるこの岩は、伝説によれば、麻呂子親王によって退治された鬼が、封じ込められた場所とされる。

f:id:kazetabi:20191209224423j:plain

間人(たいざ)の立岩。この岩のそばに、日本海を見つめる母子像が設置されている。聖徳太子の母親、穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)と、聖徳太子だ。

 この場所は、間人(たいざ)と呼ばれ、物部氏蘇我氏が争っている時、聖徳太子の母親、穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)が、この地に身を寄せていたとされる。そして宮に戻る時、自分の名前、”間人”をこの地に贈った。しかし、そのままその名前を呼ぶのは畏れ多いからと、地元の人は、間人と書いて、”たいざ”と呼ぶ。

 このように神明山古墳のそばに、聖徳太子の母親と、聖徳太子の弟による鬼退治の伝承が残っている。

 この鬼退治は、いったい何を物語っているのだろうか。

 4世紀中旬の日子座王の時のように、もともとこの地にいた人々が討伐されたのだろうか。

 麻呂子親王の鬼退治の物語は、実は、朝鮮半島の混乱の時期と重なっている。

 5世紀末から6世紀の初頭にかけて高句麗との戦いで百済が深刻な状況に陥り、多くの技術をもった渡来人が来日する。

 さらに、6世紀の後半には、ヤマト政権と高句麗との交流が始まり(570)、高句麗を通じた文化流入が起こった。

 そして、聖徳太子と同母弟の来目皇子(くめおうじ)が、当時、朝鮮半島で力をつけていた新羅征討(西暦602年~603年)を命じられたが、病気で亡くなり、麻呂子親王が後を継ぐ。しかし、播磨国明石で妻が亡くなり、彼女を明石に葬った後引き返したという奇妙なエピソードがある。

 当時の日本は蘇我氏を中心に新たな国家体制を作ろうとしたため、国家統治の技術として、渡来人の最新の知識や技術を必要とし、積極的に渡来人を受け入れていた。

 麻呂子親王の鬼退治は、そうした変化に抵抗する勢力の討伐であったのか、それとも、動乱の朝鮮半島から日本に逃れてきて、現地の住民とのあいだで何かしらの揉め事を起こしていた人々なのか。

 京丹後の地は、古代から日本にやってくる渡来人の上陸地であった。

 古代の船はエンジンがないので、風や潮流の影響を受ける。そのため、小さな島がひしめき、潮の方向が読めないうえに海賊に襲われやすい瀬戸内海の航海は、簡単ではなかった。

 それに対して日本海は、西から東へと対馬海流が流れている。そのため、朝鮮半島の南端の百済あたりから船に乗ると、北九州に上陸しやすいが、朝鮮半島の中ほどから船に乗ると、潮流に乗って、京丹後から若狭湾にかけて上陸する。そして、朝鮮半島のさらに北の高句麗あたりからだと、新潟や秋田県にかけて上陸するのだそうだ。

 そして京丹後には由良川という大きな河川が流れており、その上流部は、兵庫県の氷上あたりだが、そこは日本で一番低い分水嶺で、標高100mほどしかない。そして加古川武庫川を通じて、播磨や摂津へと移動し、奈良や京都にも簡単に達することができる。

 こうした地勢的な条件を踏まえると、大陸や朝鮮半島から九州に渡った渡来人ばかりでなく、直接、京丹後あたりに上陸し、しばらくの間、そこに住み着いたり、ヤマトの地へと移動していった人々がいたことは、十分に想像できる。

 京丹後における鬼退治の話は、藤原摂関家が栄華を極めていた10世紀にも生まれている。その当時、京の都から人々が次々とさらわれ、陰陽師安倍晴明によって、これは大江山に棲む酒呑童子のしわざと判明され、多田の地で清和源氏の基礎を築いた源満仲の息子、源頼光が鬼退治を行った。源頼光は、藤原道長の側近としても活躍した人物であるが、渡辺綱など四天王と呼ばれる屈強な武士を連れて討伐に向かう。

 この場合の鬼とは何か?という疑問に対して、大江山の産鉄民であり、朝廷が管理下に置きたいがゆえに、鬼退治の物語が作られたという説がある。

 頼光の父である源満仲は、京都での暮らしの嫌気がさし、住吉神の神託を受けて摂津の多田の地を拠点にすることになったが、多田は有数の銀銅山であり、源頼朝足利尊氏など後に武士として活躍する清和源氏の発展と鉱山の関わりは深い。

 聖徳太子の時代の麻呂子親王による京丹後の鬼退治もまた、大江山の鉄との関係が考えられる。

 麻呂子親王当麻皇子は、奈良県葛城の二上山の麓に鎮座する当麻寺を開基したとも伝わるが、この当麻の地は、大和鍛治で知られ、平安時代後期以降、大和の国に栄えた刀工集団、千手院、当麻、尻懸、保昌、手掻の大和五派の一つである。

 もともと葛城の地は、鉄と関わりが深く、この地を支配していた葛城襲津彦(4世紀末から5世紀初頭=娘の磐之媛命(いわのひめのみこと)が仁徳天皇の皇妃となり、その子供、履中天皇(第16代)・反正天皇(第17代)・允恭天皇(第18代)の外祖父となる)が、新羅を攻略した際に捕虜として鍛治関連技術を持つ人々を連れ帰り、自分の支配地に住まわせて働かせた。彼らを忍海漢人(おしみのあやひと)という。 

 そして、葛城山麓の平野部には、南郷遺跡群や脇田遺跡など数多くの鉄器を生産した鍛冶工房の遺跡群が近年明らかになっている。この地の群集墳から、副葬品として鍛冶道具や鉄滓などが見つかっており、中でも、寺口忍海古墳群は、鍛冶道具一式をもった古墳もある。

 また、聖徳太子の同母弟、来目皇子による第二次新羅征討計画(西暦602年~603年)において、推古天皇は忍海漢人肥前国三根郡に派遣し、新羅征討の為の兵器を作る指揮を取らせたという記録がある。

 武器のための鉄資源を求めて、聖徳太子の異母弟、麻呂子親王による丹後の鬼退治が行われたのかもしれない。

 ピンホールカメラで撮った丹波、丹後の聖域→https://kazesaeki.wixsite.com/sacred-world/kyoto 

第1074回 日本の古層(20)  古代日本の先進地域、京丹後(1)。

 京丹後が、古代、日本の最先端地域であったことは考古学的に証明されている。

 今から2300年前くらい前、京丹後の峰山の扇谷遺跡、その後、弥栄の奈具岡遺跡において、玉、鉄、ガラスなどの精密な製品が製造されており、当時、このあたりが日本のハイテク地域だったことがわかっている。そして、古墳時代に入ると、4世紀中頃から巨大古墳が建造されており、網野銚子山古墳(全長207m)・神明山古墳(全長190m)・蛭子山古墳(全長14⒌m)と、日本海で1番から3番目に巨大な古墳が、この地域に集中している。

 そして、日本全体の問題とも深く関わることとして、豊受大神のことがある。

 伊勢神宮は、現在の日本でもっとも神聖なところと位置付けられるが、その内宮にはアマテラスが祀られていて、この神がどういうものか、とりあえず誰でも知っている。しかし、外宮に祀られている豊受大神のことは、よくわからない。とりあえず、アマテラスの食事係ということになっているが、そうすると、内宮がメインで、外宮がサブというイメージになる。

 しかし、そうした位置付けに反発して、もともとは伊勢神宮全体の神主だったのに、内宮が中臣氏系の荒木田氏が神主となった後は外宮の神主に限定された度会氏は、伊勢神道なるものを創造し、豊受大神はアマテラスが生まれる以前に存在した宇宙創造神で、天御中主と同じだという主張を展開した。

 京丹後は、この豊受大神のルーツである。伊勢に移る前は、京丹後のどこにいたのか?

 第21代雄略天皇の夢枕に現れたアマテラス大神が、「丹波国の比治の真名井に座すトヨウケ神」を、自分の食事を司る御饌都神(みつけかみ)として呼び寄せるように告げ、伊勢に移られたと記録が残っており、いくつかの地が候補地になっているが、代表的なのが、天橋立の近くの籠神社の奥宮、真名井神社と、峰山の比沼麻奈為神社(ひぬままないじんじゃ)である。しかし、この二つの聖所の位置付け、バックグラウンド、場が持っている雰囲気は、まるで違っている。

 具体的には、籠神社の側は、アマテラスも豊受大神も、伊勢より、こちらが本家本元だという強い自負が感じられ、比沼麻奈為神社の方は、豊受大神は伊勢に移られたので、分霊をひっそりと祀っているという立場で、慎ましくて控えめだ。

 籠神社の奥宮、真名井神社は、籠神社の祭神である天彦火明命(アメノホアカリ)が、始原の神として豊受大神を祀っていたことが起源とされ、はるか2500年も前から、神社境内の磐座で神祀りが行われていたとされる。

 アマテラス大神に関しては、第10代崇神天皇の時代まではヤマトの宮内に祀られていたが、その状態を畏れた天皇、皇女豊鋤入姫命(トヨスキイリヒメ)にアマテラスの神霊を託して理想的な鎮座地を求めて各地を転々とし、第11代垂仁天皇の皇女・倭姫命がこれを引き継ぎ、伊勢の地に遷座したとされる。(現在の伊勢の内宮に遷座したのは第40代天武天皇で、その前は、同じ伊勢の度会郡の滝原宮に祀られていたという説もある。)

 アマテラス大神が伊勢に落ち着くまでに辿った各場所の伝承地が元伊勢とされる。

 籠神社も元伊勢の候補地であり、もともと豊受大神を祀っていたが、第11代垂仁天皇の時、アマテラス大神も祀られたが、その後すぐこの地を離れた。

  さらに第21代雄略天皇の時、天皇の夢枕に現れたアマテラス大神のお告げで、豊受大神が、ここから伊勢の外宮に移られたということになっている。

f:id:kazetabi:20191209140852j:plain

籠神社の奥宮、真名井神社。ここから先は、撮影禁止。

f:id:kazetabi:20191209140858j:plain

籠神社の前の海から見る天橋立

 それに対して比沼麻奈為神社は、羽衣伝説にもとずく聖所であり、天女が豊受大神なのである。

 比沼麻奈為神社は久次岳(ひさつぎだけ、標高541m)の東麓に鎮座している。 太古、豊受大神が、種々の農業技術をはじめた尊い土地であるゆえ、久次比(竒霊(クシビ)の里と呼ばれていた。その山頂近くに、古代、豊受大神が鎮座したと言われる「大神社(オオガミノモリ)」があり、巨岩がいくつも存在する。

 文章で残された日本最古の羽衣伝説は、「丹後風土記」の記事であり、それによれば、比治の里の比治山の頂きに、池があって、その名を真名井と言い、そこに天女が8人降りて水浴びをした。比治というのは、比沼麻奈為(ひぬままない)神社が鎮座する周辺の地である。そして、天女たちの様子を見ていた老夫婦が一人の天女の羽衣を隠してしまったため、 その天女は天に還ることができなくなってしまい、やむなく老夫婦の養女として10年ほど暮らすことになった。 

 天女は稲作・養蚕・酒造の技術を伝えたが、それによって裕福になった老夫婦は、ある日「おまえは自分たちの子ではない」と天女を追い出してしまった。悲しみに暮れた天女は、彷徨った末に船木(現京丹後市弥栄町船木)の里に至り、「わが心なぐしく(慰め)なりぬ」と、そこに安住の居を構えたという。

 これにちなんでこの地を奈具と呼ぶようになった。そして村びとたちによって天女は豊宇賀能売命(とようかのめのみこと)として奈具神社に祀られた。

 この奈具神社のすぐそばに、弥生時代のハイテク都市、奈具岡遺跡がある。

 この遺跡は、紀元前200年頃から栄え、紀元前1世紀頃の鍛冶炉や、玉造りの工房が見つかっている。玉造の道具としてノミのような鉄製品も作られていたようで、出土した鉄屑だけでも数kgにもなり、この時期の遺跡としては日本でもっとも多い。全国の弥生時代のガラス玉のほぼ10分の1が、丹後から出土している。

 丹後風土記の羽衣伝説に基づけば、天女8人が降臨した比治山のそばの比沼麻奈爲神社が、豊受大神の最初の降臨地域ということになり、米・麦・豆等の五穀を作り、蚕を飼って、衣食の糧とする技を始めた豊受大神を主神として、古代より祀っている。 

f:id:kazetabi:20191209141252j:plain

比沼麻奈為神社(ひぬまないじんじゃ)

 この物語においては、古代のハイテク都市、京丹後弥栄町奈具岡は、天女の神話と関係している。羽衣伝説は、他の地からやってきた人々が、新しい技術文化をもたらしたという歴史的な出来事が、説話化された可能性がある。

 また、比沼麻奈為神社と奈具岡遺跡のあいだ、京丹後の峰山に大田南5号古墳という方墳があるが、その棺内に鏡と鉄刀1本が収められていた。

 鏡は方格規矩四神鏡で、「青龍三年」(魏の年号で西暦235年)の銘がある。

 日本で発見された銅鏡は総数で4千枚あるとされるが、その中で、年号が刻まれたもの紀年銘は14枚しかない。さらに、「魏志倭人伝」で、239年、魏の皇帝が卑弥呼銅鏡百枚を下賜したとする記述があるが、239年より以前の銅鏡は6枚しかなく、238年が1枚(山梨)、239年が2枚(大阪の和泉と出雲の加茂岩倉遺跡の近く)、もっとも古い235年が3枚で、そのうち1枚は出土地不明、残り2枚は、高槻の巨大弥生都市の安満遺跡にある安満宮山古墳と、京丹後の峰山である。

f:id:kazetabi:20191209151345p:plain

敦賀気比神宮は、渡来人の天日槍と関係が深く、第15代応神天皇と名前の交換を行ったイザサワケ神を祀っており、各地の重要な聖域を結ぶ要にあるが、その真西にあたるのが、京丹後峰山で235年の鏡が出た大田南5号墳である(北緯35.65)。そして、鬼退治の舞台となった福知山の大江山の8号目に関西随一の雲海で知られている鬼嶽稲荷神社がある。この真北が日本海で2番目に大きな神明山古墳で、麻呂子親王に鬼が閉じ込められた立岩のすぐ近くである(東経135.11)。また、羽衣伝説の舞台で豊受大神が伊勢に移る前に鎮座していたとされる比沼麻奈為神社は、日本海でもっとも大きい網野銚子山古墳の真南(135.029)である。

 京丹後に残る渡来人伝説としては、徐福伝説もある。

 秦の始皇帝の時代(BC246−BC221)、呪術、医術、占星術天文学に通じた徐福は、始皇帝に不老不死の仙薬の入手を命ぜられ、紀元前219年、童男童女三千人、五穀の種子や絹を船に乗せ、各種技術者とともに、 大船団を率いて中国を出航した。徐福は何日もの航海の末辿り着いた先で『平原広沢』という地を得て、中国には戻らなかったとされており、その『平原広沢』が日本で、先進技術を伝えたと言われ、その伝承地は、青森県から鹿児島県まで20箇所以上あるが、その一つが京丹後である。

 京丹後における豊受大神の歴史的な位置付けが、古代、この地にやってきて新しい技術文化を伝えた人たちであるとすれば、籠神社の祭神である天彦火明命(アメノホアカリ)が籠神社の奥宮の真名井神社始原の神として豊受大神を祀っていたとされるので、豊受大神は、彦火明命(アメノホアカリ)より古いということになる。

 天彦火明命は、尾張氏や海部氏などの祖神であるが、物部氏の祖神である饒速日尊(ニギハヤヒ)と同じともされる。

 饒速日尊というのは、天孫降臨ニニギよりも早く天照大神から十種の神宝を授かり天磐船に乗って河内国(大阪府交野市)に天降った天神の一神であるが、神武天皇の東征の際、最後まで抵抗したナガスネヒコを殺害して、神武天皇に帰順することを選択した。つまり、彦火明命(アメノホアカリ)は、ニニギや神武天皇よりも古くやってきた存在である。

 この流れをみると、外の世界からやってきた人たちは、豊受大神、天彦火明命、神武天皇という三段階の順番になるのだ。

 神武天皇の即位は、日本書紀』に基づく明治時代の計算によると西暦紀元前660年2月11日ということになるらしいが、これは辛酉革命に基づくものである。辛酉革命というのは、1260年に一度の辛酉(かののとり)の年には大革命があるというもので、推古天皇9年(601年)がその年に当たり、この年の1260年前である西暦紀元前660年に神武天皇が即位したとされた。

 しかし、豊受大神と羽衣伝説の関係、そして羽衣伝説と弥生時代のハイテク都市、奈具岡遺跡との関係をつなげると、豊受大神がやってきたのは、徐福伝説と同じ頃の紀元前200年前後となる。

 その後に天彦火明命(ニギハヤヒ)で象徴される人々がやってきて、その後が神武天皇ということになると、実在したかどうかはともかく、神武天皇が象徴する時代は、紀元前660年というのはありえず、おそらく紀元後となる。

 それぞれの時代は、タニハ(丹波、丹後、但馬)や近畿の地に大きな変化が起きた時期と重ねて考える必要がある。(つづく) 

  ピンホールカメラで撮った丹波、丹後の聖域→https://kazesaeki.wixsite.com/sacred-world/kyoto

                                  

第1073回 日本の古層(19)  東国に秘められた謎

 古代の聖地を実際に訪れると、いつも驚くべき発見をすることになる。

 数日前、栃木足利市の名草厳島神社という巨石群を訪れた。その動機は、聖蹟桜ヶ丘にある武蔵国一宮、小野神社の、まったく同経度の真北にあること。そして、名草および厳島という名が気になったこと。さらに、社殿が巨大な岩の上にあり、周辺に巨大な奇岩が多く、おそらく縄文古代からの聖域だったろうと想像したからだった。

f:id:kazetabi:20191127011330j:plain

空海が勧請したと伝承が残る名草厳島神社

 

f:id:kazetabi:20191127095440j:plain

名草厳島神社 高さ11メートル、周囲30メートルある御供石。

f:id:kazetabi:20191127011318j:plain

名草厳島神社 奥の院


 名草という地名は、和歌山の紀ノ川の下流域のことがよく知られており、古代史において極めて重要な神社である日前・国懸神宮のあるところだ。古事記において、日向からやってきた神武天皇がヤマト入りをしようとしたところ、紀ノ川下流を拠点にしていた名草戸畔(戸畔というのは女性の首長)が激しい抵抗を示した。

 また、名草彦命というのは、空海高野山神領として提供した丹生都比売神社の祭神、丹生都比売命の御子神。それは、高野山4明神のうち狩場明神と同じともされる。

 足利の名草厳島神社は、空海が勧請したとされるが、たしかに空海が開山した高野山の4明神、気比、丹生都比売、狩場、厳島のうち、名草(狩場)と厳島の二つが関わっている。

 「狩場」というのは、狩猟のことではなく、鉱山とくに銅山のことをいう言葉であった。

 そうすると、足利に名草(狩場明神)の名があることは、おそらく同じ栃木の足尾銅山と関係あるからとなる。足尾銅山は、名草厳島神社の真北の同経度にある。銅山の前に、渡良瀬川が流れており、この川は、足利市を通過して利根川に合流し、太平洋につながる。和歌山の紀ノ川流域の古代鉱山開発者が、黒潮に乗り、茨城の霞ヶ浦あたりに上陸し、利根川を遡って、足利までやってきたのだろうか。それとも、岐阜、諏訪を経て、東山道を通ってやってきたのだろうか。

 それとも、朝鮮半島の北部から船を出して対馬海流に乗ると、新潟から秋田にかけて上陸する(新羅からだと福井、百済からだと北九州に上陸しやすい)ので、日本海側から大陸の鉱山技術を持つ渡来人がやってきたのだろうか。

 いずれにしろ、古代から何か怪しいものがある足利の地に、中世、清和源氏が拠点を築き、後に足利氏の室町幕府へとつながった。

 足利市には1600もの古墳がある。その中でとくに古い時代のものは、名草厳島神社の同経度の真南にある藤本観音山古墳で、4世紀末に作られた巨大な前方後方墳だ。

f:id:kazetabi:20191129224108j:plain

藤本観音山古墳

 前方後方墳としては、全国で5番目の大きさ(全長118m)。その西に4kmのところ(真西のラインからは1kmだけ南にずれている)にあるのが東日本最大の太田天神山古墳(5世紀中旬建造 全長210m))。こちらは群馬県太田市になるが、足利市太田市は、栃木と群馬の県境である。

 足利や群馬あたりの古墳で大きなものは、初期(紀元4世紀末くらいまで)が、前方後方墳で、5世紀からは前方後円墳になる。

 この事実は、とても興味深い。というのは、近畿においては、かなり古い段階、紀元3世紀中旬以降、前方後方墳としては向日山の元稲荷古墳などたくさんあるが、同じ頃から大型の前方後円墳もあり、両者は、同じ時期に近いところに共存している。そして、前方後円墳が超巨大化するのが、5世紀からだ。

 つまり、前方後方墳は、近畿も群馬や栃木も、わりと早い段階から普及しているのだけれど、前方後円墳は近畿の方が早く、群馬、栃木あたりは遅れて普及している。

 とすると、大和政権に特徴的なものが前方後円墳だとすると、大和政権が群馬や栃木まで勢力を広げたのは5世紀で、それ以前は、西も東も、前方後方墳を作る人たちが全国に広がっていたということになりそうだ。(もう少し丁寧に調べなければならないが。)

 足利で古い時代に作られた前方後方墳の藤本観音山古墳は、渡良瀬川利根川のあいだの平原地帯にあるが、その南に、水田開発に重要な役割を果たしたであろう水路の遺構が見つかっている。このあたりの平原は、藤本観音山古墳が作られた4世紀、広大な稲作地帯だったのだろう。

 それから50年ほど経った5世紀中旬、この古墳のすぐそば、西4kmのところに東日本最大の前方後円墳が作られた。

 5世紀というのは、第15代応神天皇以降であり、秦氏をはじめとする大陸からの帰化人がたくさんやってきたことが記録には残されている。

 中国においては、三国志の時代の後の五胡十六国の激しい戦乱の時代だった。442年に北魏華北を統一するまで中国国内の混乱は続いていたので、その期間、日本に逃げてきた人が大勢いたことは想像できる。

 その時点から日本の古墳が超巨大化しているのだが、そのことと何かしらの関係があるのかもしれない。

 5世紀、栃木の足利周辺に動きがあった。足利だけではなく、その西の群馬でも。

 足利の藤本観音山古墳に立つと、はるか西の方に特徴的な山並みが見えた。調べてみると、群馬の妙義山だった。妙義山の麓の妙義神社が、藤本観音山古墳の真西で同緯度だった(北緯36.30度)。

f:id:kazetabi:20191129224845j:plain

妙義山 石門

 さらに興味深いのが、この東西のライン(36.30)が、群馬の高崎市も通っていた。

 高崎の古墳数は日本屈指で、2741基もある。群馬県全体で、古墳は12000基、埴輪も全国一の質量を誇る。古墳からの出土品としては、金銅製品、馬や鉄関連のものがたくさんある。

 その高崎市にある浅間山古墳が、足利の藤本観音山古墳と妙義山の東西ライン上に位置している。

 浅間山古墳は、172mもある東日本で3番目の大きな古墳で、4世紀末から5世紀初頭の建造だから、このあたりに進出した前方後円墳ではもっとも早い段階の巨大古墳である。

 さらに興味深いのが、この浅間山古墳の南500mのところに大鶴巻古墳、小鶴巻古墳があり、これらも4世紀末から5世紀初頭の建造だが、それぞれ、浅間山古墳の2/3、1/3サイズの相似形となっている。

 足利でもっとも古い段階の古墳である前方後方墳の藤本観音山古墳から妙義神社を結ぶ東西のラインにそって、東日本で1番と3番の大きさを誇る前方後円墳があることの不思議。これは、偶然だとはとても思えない。

 さらに面白いことに、妙義山の真南に富士山があり、富士山と聖蹟桜ヶ丘の小野神社は、冬至のライン上にあり、(聖蹟桜ヶ丘に立つと、冬至の日、富士山のところに太陽が沈む。古代、冬至復活の日を意味する。)、小野神社の真北が、足利の藤本観音古墳、名草厳島神社、さらに足尾銅山なのだ。

f:id:kazetabi:20191129230013p:plain

上のライン、西から群馬の妙義山妙義神社高崎市の東国で3番目に大きな浅間山古墳、太田市の東国で一番大きな太田天神山古墳、足利市の藤本観音山古墳。縦のラインは、上から足尾銅山、名草厳島神社、藤本観音山古墳、武蔵国一宮の小野神社。小野神社の真西、富士山の真北のポイントは、甲斐一宮の浅間山神社、縄文遺跡の釈迦堂遺跡があるところ。

 古代の謎は、現在の私たちの常識、理性、つまり現代人の人智を超えたものを踏まえていないと、解けない何かがある。

 あまりにも正確な東西および南北、そして冬至のラインにそった聖域が意味するところは、いったい何なのだろう。知れば知るほど、新たな謎が出てくるばかり。

 

ピンホールカメラで撮った、群馬、栃木の聖域→https://kazesaeki.wixsite.com/sacred-world/hida-nagano

第1072回  風土と人間

f:id:kazetabi:20191127224648p:plain

 大阪のphoto gallery Saiで、写真家の小池英文さんが、「瀬戸内家族」というテーマで撮り続けたきた写真の展覧会を行っています。
 小池さんの写真は、風の旅人でも何度か紹介させていただきましたが、この写真展を機会に、私と、小池さんに、ギャラリーの主宰の赤阪友昭氏も交えてトークを行うことになりました。
 テーマは、「風土と人間」です。
 風土は、気候、地形、地勢、その環境が育てる世界観、文化、その影響下で生きる人間、その人間の営みの蓄積である歴史など、すべてが有機的につながったトータルなもので、「私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」という実存的な問いとも深く関わる永遠のテーマだと思います。
 日時: 12月3日(火)19:00~21:00
 参加費: 1,500円(入場料+ワンドリンク+軽食付き)
 会場:〒553-0002 大阪市福島区鷺洲2-7-19   tel: 06-6452-0479
 申込方法:akasaka.tomoaki@gmail.com まで
  メールのタイトルに「トークイベント「風土と人間」参加希望」と記載の上、① お名前、② 連絡先(メール及び携帯電話番号)をお送りください。
 なお、写真展詳細、並びに会場アクセスについては、http://photo-sai.com/ ご参照ください。
 これを機に、ギャラリーに展示されている瀬戸内の写真も、じっくりとご堪能いただければ幸いです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 現在の東京を首都とする日本では、瀬戸内海はかなり中心から遠いという印象がありますが、奈良や京都に都があった時代の方がはるかに長いわけで、都への入り口にあたる瀬戸内海は、歴史や文化など、日本という国を形作るうえで大切な場だったと思います。
 瀬戸内海の和んだ空気も、本来の日本人の気性にあったもので、昨今の慌ただしい時の流れの中で蝕まれていくものを、再び取り戻すための何かが、瀬戸内海の風土のなかにあるのではないかと、ふと思ったりします。
 風土は人を育てます。コンクリートジャングルの中で育つものは、そこにあるもので心身を作っていくわけですから、コンクリートのようなものにならざるを得ない。頑丈だけれど、熱いか冷たいかのどちらかで、温もりがない。
 瀬戸内海にいると、見えるのは海だけでなく、山や森も大事な風景。都会で生きていると日本が島国であるということを忘れてしまいますが、島国の中に歴史文化を蓄積し、そのネットワークを広げてきたことがもっとも伝わるのが、瀬戸内海なのかもしれません。

 私は、18歳まで明石の海のそばで育ちました。 

 家の窓から明石海峡が見え、朝の新聞で大型船が通る時間を確認して、海のかなたを眺めていたものでした。 

 当時、日本の造船は世界一で、世界一の大きさを誇るタンカーが明石海峡を通過していくこともありました。

 高校三年生まで、夏休みは、ほぼ毎日のように海で泳いでいました。明石海峡の波は高くないのですが潮の流れは強く、沖合に出ると西か東にかなりの力で運ばれます。なので、前もって、西か東にずれたところから沖に向かいました。波打ち際でバシャバシャするのではなく、沖合に出て、波の上で仰向けになってプカリと浮かんでいることが好きだったのです。

 小学生の頃、私は魚釣りはあまり好きではなく、わかめ採りに夢中になっていました。

 家でのご飯のおかずは魚ばかりで、魚が嫌いだったのです。魚が美味しいと思い始めたのは、高校を卒業し、20歳の時に海外に放浪に出て、2年後、日本に帰ってきてからです。その時初めて、明石の魚がこんなにも美味しいとは!と、感動しました。

 なので、子供の頃、魚を釣って家に持ち帰っても、おかずに出されるのは嫌だし、どうすることもできないので、あまり魚釣はやりませんでした。 

 わかめ採りは、竹の棒の先に針金で熊手のような細工をして、流れているわかめをすくい取るのです。沖合のテトラポットのある場所に、大きなわかめが漂っていることが多く、その上に立って、竹の棒を波間に伸ばしていました。日に照らされて海面がキラキラと輝き、その波間に黒いわかめの影を見つけて、引っ掛けるだけです。放心したように海面を見つめながら何時間もやっていました。

 バケツいっぱいになったわかめを持ち帰ると、母親は喜んで、一緒に物干しなどにわかめを掛けて干しました。乾燥させると保存がきくのです。

 あのわかめ採りのようにぼんやりと海面を見つめながら時間を過ごす感覚は、自分が一番好きな時間のような気がします。

 私は、長年、グラフィック雑誌を作ってきて、多くの写真家と知り合いになり、彼らから私も写真を撮るように勧められていましたが、写真を見ることが仕事でも、自分自身が一眼レフカメラなどでパシャと写真を撮ることが、身体的にピンとこなかったため、あまり真剣に写真を撮ってきませんでした。

 海外や日本の聖域は、若い頃からずっと訪ねてきましたが、技術の問題などあるかもしれないけれど、自分がカメラで撮影した写真を見ても、その現場にいた感覚が写っていない。リアリティがないという気持ちでした。しかし、3年ほど前、ピンホールカメラで写真を撮ることを始めて、自分の生理感覚にあっているという気がしています。

 樹木や岩や古墳や廃墟などの前に、レンズもシャッターもないピンホールカメラをセットして、数分間、放心したように、ほとんど何も考えず、待つだけです。

 長時間露光によって、0.2mmの小さな穴に光が差し込んで風景がフィルムに焼き付けられるのです。

 それを待っている時の感覚がとても心地よい。周りの気配と一つになる感覚です。もしかしたら、この感覚は、小学生の頃のワカメ採りの時の感覚と似ているかもしれない。最近、ふとそう思いました。

 子供の頃、育った風土の記憶というのは、そのようにして身体の奥深くに刻まれており、無意識のうちに、その後の人生に働きかけてくるものだと思います。

 

ピンホールカメラで撮った日本の聖域→https://kazesaeki.wixsite.com/sacred-world